本文へ移動

利用者様とご家族様のおもいを大切に

おかえりなさい

空き室情報

現在(2024年7月19日時点)の空き室ですが、2床です。

ホスピス型住宅とは

心身の機能低下や病気の悪化により衰弱が明らかで、回復が見込めない状態であると医師の診断を受けた方に最期のときを過ごしていただける施設です。安らかな人生の最期を迎えることができるよう、ご本人とご家族の気持ちに最期まで寄り添わせていただくケアを大切にしています。

こころ

心身のケア
心身のケア
ご本人、ご家族の希望を伺ったうえで、両者の心身の負担の軽減を最大限に考えていきます。

からだ

暮らしの支援
暮らしの支援
スタッフが協力し、ご本人がわが家のように最期まで安心して過ごしていただけるよう支援いたします。

くらし

ライフスタイル
ライフスタイル
ご本人の今までのライフスタイルを尊重し、「わが家」でできるケアや医療を提供いたします。

じかん

有意義な時間
有意義な時間
ご本人の残された時間を大切にし、ご家族とともに過ごしていただけるようサポートいたします。

介護福祉の知・技・こころ

介護福祉の知・技・こころ
■地域社会に求められる介護福祉
  • 食べる楽しみを支えます
  • 褥創や肺炎など合併症の予防に努めます
  • 心身機能の維持・向上のために、生活環境を整えます

医師や看護師、理学療法士、担当ケアマネージャーらと連携・協力し、
ご本人とご家族の安全と安楽、尊厳ある生活を支援させていただきます。

わが家のホスピス型住宅の特徴

  • 地域に馴染んだ民家をそのまま活用して、わが家のように最期まで暮らしていただける
  • “その人らしく”人生を全うできるようサポートさせていただく、病院でもない、自宅でもないもうひとつの空間
  • わが家のように過ごしていただき、安らかな人生の最期を迎えることができる「場所」
わが家のホスピス型住宅の特徴
「わが家」のスタッフは、暮らしのパートナーとして24時間常駐して見守ります。
ご本人とご家族の気持ちに最期まで寄り添い、
医療とケアの知識、技術、心を最大限に活用し生活を支えます。

「わが家」縁側日記 7.8月号

ご相談ください
家で一緒に・・・家族の決意
 ゆいちゃん(仮名)は10代の女の子。ある部分の機能が失われた状態で人工呼吸器をつけていました。失われた機能は回復することはなく元に戻ることはありません。
 急性期病院の退院を迫られましたが、様々な理由で次の生活の場を見つけることが難しく、「わが家」にやってきました。
 「わが家」に入所する前から医療的管理はもちろん、現実と家族のニーズをどうすり合わせ、叶えるか?意思決定ができないゆいちゃんが、最も安全で安楽な環境はどんなものなのか?そんなゆいちゃんを地域で受け入れることが本当に正しい事なのか?等試行錯誤の連続でした。
 そして入所。家族にとってわが家での経験が今後を見据える一つのきっかけにできるよう、家族と一緒に考え、時に指導し、ゆいちゃんが安心できるケアができるよう努めました。
 結果として病状が悪化し救急搬送されることになりましたが、翌日のカンファレンスで、一週間に満たないわが家での経験を家族は「(病院以外で)関わってみて、少し実感できた」と振り返り、自宅での看護・介護の看取りの決断をされました。
 24時間医療的管理が必要なわが子の自宅での介護は、一筋縄ではいかないことも沢山あります。その覚悟を決められた家族に敬意を示すとともに、入所の受け入れを決断し、適切なタイミングで必要な支援をする仲間がいる「わが家」を誇りに思います。
☘「わが家通信」もあわせてご覧ください。

このような方はご相談ください

がんや難病の末期の看取り
自宅で看取りたいが、医療管理や処置が必要なため自宅療養が難しい
自宅で看取りたいが介護力がない
病院を退院するときの在宅調整
一時的に在宅療養が難しくなった場合の緊急避難
※ご自宅に帰られる方に限らせて頂きます。
施設管理者
施設管理者 松井 あかね
 わが家では、専属スタッフがいつでも待っています!
  • 認知症ケア専門士
  • 医療的ケア(喀痰吸引等)指導者
  • NICD学会認定看護師(※1)など経験豊かな看護師
  • 介護福祉士
  • 介護士
など
※1 意識障がい・寝たきり(廃用症候群)患者の生活行動回復看護(Nursing to Independence for the Consciousness disorder and Disuse syndrome Patient)
<対応可能な医療ニーズ>
膀胱留置カテーテル / ストーマ(人工肛門) / 経管栄養 / 在宅酸素 / 褥瘡処置 / 嚥下障がい / 吸引 / 糖尿病 / 中心静脈栄養 / CVポート / 在宅呼吸器 / 麻薬管理(ペインコントロール)
その他相談に応じます。

入居費用


金額
備考
入居金
50,000円
退去時の室内クリーニングや修理費用
月額費用
72,600円
入居費用の内訳:家賃38,000円/光熱費11,500円
                      管理費23,100円
令和6年7月1日より、入居費用が変更になりました。

  • 食事料金は利用者のご希望に応じて対応させていただき、別途負担となります。
  • 他に医療保険・介護保険の負担分が加算されます。
  • 個別に必要な生活用品(オムツなどの衛生材料、消耗品)は、自己負担となります。
  • 月額料金に介護保険1割(2割または3割)分の負担金が加算されます。

費用に関しては、ご相談下さい。

施設について

わが家(ホスピス型住宅)間取り図
わが家(ホスピス型住宅)間取り図
施設外観
施設外観
縁側からの外観
縁側からの外観
日当たりのいい洋室(施設内観)
日当たりのいい洋室(施設内観)
  • 「安全」で「安心」そして自宅感覚を思い出させる設計
  • 「大きな家族」をテーマに、心かようスペースを考慮

施設概要

施設名
ホスピス型住宅 わが家
所在地
〒505-0016 岐阜県美濃加茂市牧野683-1
TEL
0574-49-6025
FAX
0574-49-6026
開設年月日
令和3年1月12日
利用定員
7名

交通アクセス

周辺地図
 最寄りのバス停
美濃加茂市コミュニティバス あい愛バス
むくの木・そうきち線(古井・下米田方面)「牧野東」
「美濃加茂市コミュニティバス あい愛バス」について

お気軽にお問い合わせください

TEL. 0574-49-6000
ホスピス型住宅 わが家
〒505-0016 岐阜県美濃加茂市牧野683-1
【受付時間】9:00~17:00(月曜~金曜)
ご相談やご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
TOPへ戻る